我が家の年 中 行 事

随分簡素化しちゃったけど・・・


年越し準備
〜餅つき編〜

我が家では臼と杵で餅をついています。味や餅のこしが全然違うんだよね

  臼の修理と杵を新調したのでちょっと費用がかかったけど食べれば納得の味です 

もち米を蒸しています 穏やかな天候のときは、屋外でやるときも (どれどれ...)
 蒸しあがったかな
蒸しあがったもち米を練っていきます。
これが重要
しばらくして、餅つきしやすいように臼の中央にもち米を集めていきます ペタン ペタン けっこう体力をつかいます
 もう少しでつきあがるみたい       いいかんじだね  硬くならないうちに急いでお供え用餅を作ります。




〜年越しそば編〜
上手くつながるかなぁ。麺、、、
 今日は大晦日なので、年越しそばを食べて新年を迎えようね

 蕎麦は切れやすい。いやな出来事を断ち切って清清しい新年を迎えたいものですね
 
   様になってるかな?
調子に乗ってもう少し伸ばしてみるか、、、
 ここまで上出来、、、のようにも見えるけど食べた時には見事に麺が切れていた。

  でもおいしいね
 




〜神々へのお飾り編〜

降臨してくる屋敷神にへいそくなどを供えていきます

  我が家のものはいたってシンプルなんだ
 左のしめ縄に幣束とユズリハをつけました
 
 何本あれば間に合うのかな

 大神宮様・・・氏神様・・・年神様・・・
 
親戚からいただく藁が、とてもありがたい
   毎年感謝
 屋外の神様にも幣束を飾っていきます     



〜いざ正月編〜

我が家では、世帯の中心になる男がまず、年神様と大神宮に若水をお供えすることから始まります。

 そしてお神酒をあげ(後で俺が飲む)、さらに鏡餅をお供えします。そのようにして一年の家内安全を祈願するのです。他の屋敷神にも同様にします。そして料理を運びます。
三が日の朝は雑煮です。昼はおせちなど色々ですが好物の蕎麦が多いかな。
 夜は家族が食べ終わるとお茶を神棚にもお供えします。松の葉を水引でいわえ容器に浮かべます。                 

神人共食ー家族のものと、降臨している神様が、一緒に同じ食事を摂るのです。

*若水=井戸から汲み上げた水


屋敷神の一部


年神様と大神宮様

静かな年でありますよう・

左の写真の拡大
若水、お神酒、鏡餅、お供え物など 1年間の家内安全を祈る 心を沈めて、、、

勝膳様(かまどの神様)

井戸神様

これはオカマサマ

作物が被害に遭いませんように、、、


ちなみに我が家では、三が日の朝は男が料理を作ります。主婦の立場だとなかなか料理作りから開放されないという気配りからです。我が家は昔からそのようにしてきたようですが、心配で見てられないからか妻も早起きに付き合ってくれます、、、、。
 これがその一品です。
おーい早く起きて来い。雑煮が冷めちゃうぞ

 我が家の雑煮は角の餅を中心にして、里芋大根、人参、ごぼう最後にミツバで香りをつける。
田舎風で、これがたまらなくうまいのだ。
 神様も一緒に食べる



〜正月料理 妻編〜
質素で派手さはありませんが、昔から伝わってきた伝統田舎料理に挑戦


キンピラ

昆布巻き

黒豆の煮物

     みずようかん
     なます和え
生春巻き(これは単純に家族の好みです)


親戚が来訪したとき、上のような料理でもてなします。まあ近年はお店で買ったものも結構使います。
最近時間の流れが速くて、料理作りも苦労があります。だけど後世に伝えるべき使命もありますよね

友人が、我が家に野菜が無いことを知っていて正月用に持参してくれました。(ありがとう(^-^))

 昆布と栃木県名産のかんぴょうを水に浸しています。

こちらでは里芋を煮込んでいます。

 めでたい品々を料理して年の始めに食します。



七日正月

一月7日は七日正月、七草粥をつくります
神棚にお供えしてから家族で食べます。
おせち料理や餅、お神酒の飲みすぎによる身体へのいたわりでしょうか。畑の野草(春の七草)を採取し、お粥風に料理します。新暦ですとなかなか七草を探すのがたいへんですね。(今は店で購入してしまいます)




鏡開き
神棚にお飾りしていた鏡餅をお汁粉にして食べます


小正月には以前、木花や繭ダンゴを作ったりしましたが、今はやってません


節分(豆まき) 2月3日

 節分の日は、夕方身体を清めてからそれぞれの神様に鰯の頭(イワシのかしら)をお供えし、年神様にあらかじめ用意しておいた炒った大豆の豆を、
「鬼は外〜!、福は内!」と唱えていきます。
煎り大豆で邪気を払うということでしょうか
    
   鬼は〜外  鬼は〜外
     。・°°・(>_<)・°°・。

       福は内
        
         (^-^)


 




初夏

 梅干しつくり
今年のような猛暑には欠かすことができない昔ながらの梅干しを妻が作りました。
                          →
        写真は土用干し

9月

     中秋の名月(旧暦8月15日)の月見の様子です。

       お月様みたいな饅頭や、ススキ、季節の果物や野菜などをお供えします。


懐かしいちゃぶ台に、丸い饅頭等を供えました

月が顔を出さないな〜
              今年は残念ながら曇に隠れて姿を見せませんでした。



冬至

 寒くなって1年で最も昼が短い日、柚子湯に入って体を温めましょう


内海ぶどう園TOPページに戻る