炎のある田舎暮らしの生活へ         

  時間を忘れる静かな時の流れ・・・エコロジー的ストーブライフへの誘い



薪ストーブで食べる
 先食べるぞ 腹減ってんだ

             うまい !!

お父さん、生地作っておくから一人でも食べられるよ
上手く焼けてる。いいにおいがしてきた。

2〜3分で焼きあがった。シソの香もいいねえ〜
屋外活動が大好きな娘夫婦が暮れにやってきた。
 ピザを焼いてみようということになり、さっそくピザパーティーの始まり


 生地から作ることに、、、
   燃焼室に入れちゃいました
   今度は生地からやってみようね
   上部では温度が伝わりにくく少し面倒

 
 男の料理(・・でもないか・・)
 手始めにおいしい焼き芋つくり

 もう少しで焼けるぞ〜


     うむ・・これはいける


便利な世の中になった。炎を見なくても安全に料理が出来、食卓に運ばれる。世の中オール電化主流になり、コンロの上にやかんを置けば、鍋を置けばお湯が沸き、また煮物も出来る。それはそれで悪くはないがちょっと待てよ  (ーー;)   これでいいのか ? 
 例えばキャンプに行って貴方は火を熾せますか? 料理を作れますか?



初期投資が大きかったけど、かなり無理をして薪ストーブを購入した。そう、年をとると小さい頃が懐かしく思い出されるのだ。家屋の中がいぶされていたあの時代を・・・




 柔らかい暖かさに思わず眠気が・・・



炎の前で無心になれるのが不思議です。少し不便な生活にシフト変え
火の大切さだってほんとうは知らないといけないと思うよ


輻射熱で暖かさが身体に優しい。だけど火を熾すには下の画像のように薪の準備が必要

今年も薪つくりをはじめた。運動をかねて下見に行く

朝日が昇り始めた
 →我が家の山に早朝トレーニング

樹木が太くなりすぎた感じ

少し伐採してみようか (前日倒した)


久しぶりに我が家の山に行ってみた。
薪にするにはもったいないなあ

倒すぞ 
椎茸の原木にしようかな


倒れたぞ〜 うまくいった 

30センチくらいにくだぎりしていくのだ

薪割りに使う斧
家にあった斧を鍛冶屋さんで直してもらった
昔の材質はとてもよい

気合を入れて、 ( え〜い)
小さい頃はうまく出来なかったけど

製品になった薪
近くを通る人が懐かしいなあ〜 と、ため息をもらして過ぎていきます。昭和30年代頃までお風呂や釜などにはみんなこの薪が活躍したのです。

  

          山の空気は美味しいなあ  今度はオニギリもってこよう  (^-^)

内海ぶどう園TOPページに戻る